有料の動画講座、オンライン講座の他、無料メール講座、無料ガイドブック等のご案内です。

どんでん返し大全1

面白いと感じるストーリーには「型」がある

昔は

  • 小説家になりたい
  • 脚本家になりたい
  • 映画監督になりたい

と言っても、なれるものではありませんでした。 正確には、作品を作ることは出来ても、無名の作家では、それを世に出す手段が無かったのです。

 

現在、私達創作者が圧倒的に恵まれているのは、インターネットの普及によって、作品を発表・発信できる点です。 小説投稿サイトに作品を投稿することで、プロ作家の足掛かりを掴む人もいます。 動画投稿サイトに動画を投稿したり、amazon prime videoに商品としての動画を発表することも可能です。

 

ただ、作者が増えた一方で、多くの作品に共通する「弱点」があります

身も蓋もない言い方ですが、それは、「ストーリーがつまらない」ということです。

 

例えば映画のような創作物は、様々な要素で成り立っています。ストーリーも要素の一部です。

仮に、ストーリーがつまらなくても、他の要素に魅力があって、鑑賞に耐えうる作品になる事もあります。

それでも本来、最も担保すべきは、「ストーリーの面白さ」の筈です。ストーリーが面白いからこそ、集中して見てもらえて、役者の魅力、小道具の魅力、映像の魅力が充分に伝わるからです。

 

しかし、簡単に、「面白いストーリーにすればいい」と言っても、その創作技術を習得する具体的な方法はなかなかありませんでした。

小説の書き方、シナリオの書き方の書籍を読んでも、そのときは「なるほど」と納得できるのですが、実際にそのやり方で上手く書けないのです。

面白いストーリーを作れる人の創作法を共有しようとしても、その作家個人の能力によるところが大きく、再現できないからです。

誰にでも出来る「面白いストーリー」

私もDIY映画作家として、常に「面白いストーリーの作り方」を課題と考えてきました。

せっかくエネルギーを注いで作る映画は、少しでも面白いものであってほしいからです。

そして、ようやくその問題を解決するための教材が登場しました。

 

多くの小説家、漫画家などを輩出し続けている、ストーリーデザイナーの今井昭彦先生の解説する物語創作法の特徴は、「圧倒的な再現性」です。

ストーリーの「型」を分析することで、様々な型に沿った基本ストーリー(あらすじ)が10分~15分で出来るため、各種ワークショップなどでは、受講生がその場で数パターンのあらすじを書き上げて持ち帰ることになります。  

「どんでん返し大全1」は、システマチックに面白いストーリを作る方法を、具体的に解説た講座を完全収録。 この手法を活用すれば、少なくとも作品の「ストーリーがつまらない」ということにはならないと確信しています。

 

「どんでん返し大全1」は、ストーリーの基礎となる、「あらすじの作り方」の解説なので、小説、マンガ、映像作品など、ジャンルを問わず、創作活動の武器になってくれるでしょう。   ダウンロード版とDVD版があります。 どちらも、映像には字幕がついているので、音が出せない状況でも映像を見ることで繰り返し学習することが出来ます。

受講したプロ作家の方々も絶賛の講座を、あなたもビデオ版で体験してください。

初心者のための 失敗しないビデオ撮影術

せっかく買ったビデオカメラを眠らせていませんか? 見直しても楽しめず、「ビデオは後から見ないもの」と諦めていませんか? 見やすく退屈しない映像にして初めて、撮影対象の魅力が伝わります。 見づらい映像になる理由と、上手く撮る簡単なコツをお教えします。

受講生のレビュー

  • 改めて撮影というものを考えるきっかけになりました。腑に落ちる内容ばかりでした。(H.Y様)
  • 基本的な心構えがしっかり押さえられていたと思う。一度自分で理解(常識化)してしまうと、それを他人に(網羅的に)教えるのは難しくなるので。そのためにも良い教材だと思った。(T.T様)
  • 基本的なお話ですが、言葉に重みがあり改めて勉強になります。。(S.A様)

Udemyで内容を確認

超実践的ストーリー映像製作講座・概要編

低予算で映画をはじめとする「ストーリー映像」を製作するにあたって、昔ながらの手法にこだわらず、新しい手法を取り入れた場合の可能性について解説しています。

受講生のレビュー

  • 一つ一つの言葉が丁寧で理解しやすい。(S.A様)

Udemyで内容を確認

【無料メール講座】「舞台撮影入門」

舞台は残らないのが魅力?

演劇などのライブ。

独特の臨場感、迫力の魅力は独特で、ファンや当事者がハマってしまうのはとてもよく理解できます。

特に、劇団などの主催側の人たちは、最も魅力が伝わりやすい「生の舞台づくり」に全精力を注いでいることでしょう。

「舞台は形として残らないところが良い」

そういう声もよく聞きます。

「その証拠に、ビデオで撮影した舞台の映像は、全然面白くないでしょ?」という意見も耳にします。

しかし、ここには大きな勘違いがあります。

なぜビデオは退屈になるかご存じですか?

一言で言うと、「ライブを見る観客」は、感情を持って舞台の色々な場面を見ていて、「ビデオカメラ」はただ、情景を記録しがち、という違いによるものです。

ビデオ映像で舞台の魅力を最大限に表現する方法はあります。

「全体映像」と「アップの映像」をリズミカルに切り替えて、退屈せずに見やすいビデオ作品に仕上げることで、映像でも擬似的に臨場感を再現することが出来るんです。

舞台映像の撮影にはコツがあります

ホームビデオで発表会の撮影をした経験があったり、映像を見たことがある人も多いでしょう。

その多くは、見づらかったり、退屈だったりしたのではありませんか?

その理由が、カメラの性能にあると勘違いしている人もいませんか?

「鑑賞に耐えられる映像」を撮影するには、やや独特な技術が必要です。ただし、それは難しいことではありません。コツを知っているかどうかで大きな差が出ます。

逆に、カメラについては、ごく普通のホームビデオでも、そのコツを押さえさえすれば、販売用の舞台映像を十分に撮影する性能があるんです。

この「撮影のコツ」をお伝えするために、無料のメール講座を作りました。

このメール講座では、これまで多くの舞台演劇ビデオを制作してきた私・升田規裕が

・発表会などの舞台の記録をビデオ撮影したい人 ・商業劇団で販売用としても使える映像を撮影したい人

を対象に、舞台の撮影方法を具体的に解説していきます。

特に、演劇関係者の方は、この講座の内容を実践することで、映像業者に撮影を依頼する費用が丸々浮くことになります。

関係者が撮影した映像で販売用のDVDなどが製作できれば、単なる記録撮影ではなく、長期間に渡る新たな収入源を得ることにもなるでしょう。

多少経験を積めば、副業として、あなたが舞台撮影の仕事を受注できる可能性も出てきます。

メール講座は無料です。

お申し込み後、7回に分けて、実践的なノウハウを解説していきます。

普段、私が仕事として舞台撮影をしているときのやり方、注意点をそのままお伝えする具体的な内容となります。

メール講座「舞台撮影入門」無料購読のお申込みはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

【無料】セミナー撮影ガイドブック

ダウンロードページへ

【無料】対談動画撮影ガイドブック

ダウンロードページへ