合成撮影用ミニチュアマンモス模型

オリジナル探検映画にマンモスを登場させる

私は、子供の頃からファンだった「川口浩探検隊」のオマージュシリーズを作り続けています。

現在、編集中の作品は、シベリアに幻のマンモスを探しに行くストーリーです。

 

長らく、制作を中断していた、マンモスのミニチュアを作成しました。

可動するのは四肢の関節のみの簡単なものです。

膝、肘の関節は、逆方向に曲がらないように、ピアノ線で作ったバネを仕込んであります。

 

骨組みに木粉粘土などで最低限の肉付けをして、上から細かく切った布を皮膚代わりに貼り付けます。

上から毛皮を貼るので、見えなくなる皮膚はラフに作っています。

手芸店で購入してきた、ポリエステル製のフェイク・ファーを細く切って、隙間なく貼り込んでいきます。

とりあえず、ファーを全身に貼り付けたところ。

鼻の部分は、「編みぐるみ」で猫などを作る時に使う、毛糸を細かく切って貼り付けています。

毛が長すぎて、全くマンモスに見えません。

毛の長さを整え、整髪料で癖を付けて、一応、本体部分の完成です。

牙は取り外し式。

理由は、牙を外して、撮影した映像を縮小して合成することで、「小象」のミニチュアとして流用するためです。

撮影は二人がかりで行う必要があるため、まだ日程が未定です。

撮影を行ったら、また、別記事でレポート予定です。

ミニチュアをグリーンバック撮影する手法

実写の風景に怪物などのクリーチャーを登場させる場合は、CGを使うものだと思いこんでいる人もいます。

 

CGでデータを作成すると、編集段階で、合成する被写体の角度や光の反射の状態が変更できます。

もちろん、優れた手法の一つです。

 

ただ、「CGで作られた合成映像は面白くない」という重大な問題があります。

 

ジュラシック・パークで登場したCGと自社の合成は素晴らしいものでしたが、それほどのクオリティーの映像はなかなか作れません。

CG特有のキレイすぎる被写体や、低予算CGの不自然な動きは、驚くほど早く飽きられてしまいました。

 

一方で、アナログの手法で作る、よく出来た「ミニチュアモデル」には、不思議な魅力、楽しさがあります。

 

特に、クリーチャーなどの「生き物」を描く場合は、ミニチュアモデルと作って、人の手で動かすと、CGでプログラミングされた映像よりも、ずっとリアルな、生々しい「動き」が表現できます。

CGと違って、カメラの前に存在している模型を撮影するので、クリーチャーの質感についても、リアルに見せられます。

 

更に、趣味として映画製作をする時は、「撮影そのものが楽しい」ということが重要です。

ミニチュア撮影は、最高に楽しい作業です。

 

私は、楽しく映画作りを行い、あわよくば、その作品を使って、「次の作品の資金調達くらいはしてやろう」と企んでいます。

 

あなたの創作活動の参考にしていただければ幸いです。

無料メルマガ「DIY特撮入門」

アマチュア映像作家や、映像作りに興味がある方に、超低予算で本格的な映像作りを楽しむ方法を、実例を交えながらご紹介していきます。

メルマガ購読・解除

 

「まぐまぐのメルマガに登録すると、他のメルマガも送られてくるから解除が面倒だ」という場合は、サイドバーまたはページ下部のブログをメールで購読」にご登録ください。
メルマガ記事を後日、ブログ記事として公開する時に、自動で通知をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です