映画をつまらなくする「XXのインフレ」

昔の映画のほうが面白い?

「最近の映画はつまらない」とよく言われます。

それは、必ずしも当たってはいないとは思います。

古くても、十分に魅力がある映画だけ、今でも目にすることになるので、古い映画の方が平均点が高いように感じるのではないでしょうか?

 

とは言え、今だに作品として鑑賞されるような古い映画と、劇場公開時の数週間だけ話題になって、その後、見直されることない最近の映画を比べてみると、かなりはっきりとした違いがあると思います。

 

昔の日本映画は、ハリウッド映画に比べて「撮影の規模が小さい」という決定的な弱点がありました。

予算の関係から、迫力のある映像を作るということについては、とても苦手としていたんです。

 

しかし、最近では どうでしょう?

CGを上手く利用するなどして、見栄えのする迫力映像も作れています。

迫力映像が作れる時代

大雑把に言うと、映像的には、かつてないほど「ハリウッド的」なものが作れるようになっている時代だと思いませんか?

 

ところが、昔の映画よりもはるかに迫力があるはずの映像なのに、1本の作品を見ているうちに、だんだん迫力を感じなくなってしまうという事が、よく起きます。

これは、何故なのか。

 

私が最も気になるのは、「最近の映画は、とにかく音楽が多すぎる」ということです。

 

  • スリルをあおる/ピンチを演出する
  • 最後に感動させる

 

と言うように、「観客の感情をコントロールする」のが、映画を作る醍醐味ですが、そのために使う道具として、「音楽」に頼りすぎていると思います。

 

あまりにも全編にわたって、大げさな音楽が流れているので、肝心な時にはもう飽きてしまうんです。

「迫力を出す」効果は薄れ、もう「うるさい雑音」になってしまう。

音楽を使いすぎて、インフレ状態になっているからです。

 

インフレの悪影響は、音楽だけではありません。

がなり芝居

例えば芝居。

舞台の芝居が顕著ですが、役者が大声でがなり立てる演技パターンがよくあります。「がなり芝居」と言ったりします。

「極限に追い詰められた人物が爆発して、がなり立てる」ということであれば、その演技は効果的かもしれません。

 

しかし、終始、がなり立てて、大声でセリフを言う、「ボリューム勝負」の演技をしていることがよくあります。

これも、「がなりのインフレ状態」です。

肝心な時、大きな声を出しても、もう雑音として、うるさいだけなんですね。

CGの使いすぎ

あるいはCG。

例えば、背景として実際の景色の中にうまくCGを組み合わせることによって、コストを削減してリアリティのある景色を作る事は、非常に有効な手法だと思います。

しかし、CGの映像は、やりすぎて失敗していることがほとんどです。

技術的に可能だからといって、ゲーム画面のように視点をぐるぐる回したりと、使いすぎ、目立たせすぎのインフレなんです。

音楽に頼らない映画

先日、改めて、スティーブン・スピルバーグ監督の名作「ジョーズ」を見直しました。

傑作モンスター映画です。

 

現在でも、サメが出てくるパニック映画がたくさん作られていますが、「ジョーズ」が大元と言っていいでしょう。

この「ジョーズ」。

機会があったら見てみてください。

人物設定やドラマ展開がシンプルで明快な上、非常に面白いのと同時に、クライマックスに至るまで「非常に静かなこと」に驚くと思います。

 

敵は怪物のように大きなサメですが、魚ですから声を出しません。

クライマックスで、人間対サメの対決をする、スペクタクルシーンがあるんですが、その場面でも、パニック感を音楽で煽ったりすることが、ほとんどないんです。

 

音楽の助けを借りずに、水の音とか、船の上で発生する音とセリフ、これだけでクライマックスを乗り切ってしまっています。

映画は、観客の感情をコントロールするために、色々な手を使いますが、この「ジョーズ」を見ると、いかに最近の映画が、音楽で安易にコントロールしようとしているかが分かると思います。

 

私達のDIY映画でも同じです。

「ここは音楽を被せれば迫力は出るだろう」というようなごまかしではなくて、「音楽がなくても、意図する感情にさせるにはどうしたらいいか」ということを考えながら、作品を作ることが大切で、楽しい作業だと思います。

参考になれば幸いです。

 

スマホ1つで監督デビューしませんか?(作業代行/アドバイス)

実際に30年以上、自主映画を作ってきていて痛感するのは、今ほど、安価に(タダ同然で)映画を作れる時代はないだろう、ということです。

あなたに、作品の構想とスマホさえあれば、一昔前では200万円ほど掛けなくては作れなかったような作品が作れます。

 

ただ、そうは言っても、何もかも自分でやるのは大変です。

裏方の作業は経験がものをいいます。

 

そんな、裏方の作業をお手伝いすることで、あなたの作品を完成させるサポートをするサービスがあります。

興味がありましたら、以下の案内をご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スマホ1つで監督デビューしませんか?(作業代行/アドバイス)

無料メルマガ「DIY特撮入門」

アマチュア映像作家や、映像作りに興味がある方に、超低予算で本格的な映像作りを楽しむ方法を、実例を交えながらご紹介していきます。

メルマガ購読・解除

 

「まぐまぐのメルマガに登録すると、他のメルマガも送られてくるから解除が面倒だ」という場合は、サイドバーまたはページ下部のブログをメールで購読」にご登録ください。
メルマガ記事を後日、ブログ記事として公開する時に、自動で通知をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です