映像ごまかしテクニック・暗くする

まず、前提として、映画は人に見てもらわなければ、真に完成したとは言えません。

しかし、作品を最後まで見てもらうことは、今の時代、実はなかなか難しいことではないでしょうか?

 

人が娯楽に使える時間は限られています。

その時間を何に費やすか。

テレビだけでなく、スマホとインターネットが当たり前の時代は、コンテンツが溢れています。

あなたの映画作品を「見てみよう」と思われるだけでも極めて狭き門です。

そして、見始めて、「これは見ていられないな」と思われたら、簡単に他のコンテンツに切り替えられてしまいます。

 

私達、低予算映画製作者は、全力で「見ていられる」「それらしい」作品に仕上げる必要があるんです。

「そんなものは創作活動ではない」と、高尚なテーマや芸術性うんぬんを語るのはその後です。

立派なことを言っても、見てもらえていないのであれば、単に負け犬の遠吠えと言われても仕方ありません。

 

見ていられない作品は、

  • 映像がチャチ
  • 照明が安っぽい

という特徴があります。

 

この弱点を強制的に隠す反則技があります。

それは、「画面を暗くする」ということです。

 

一昔前の日本映画は、「画面が明るすぎてコントの番組のようだ」とよく言われました。

それに比べ、人気のあるハリウッド映画は、せっかくのセットがよく見えなくなることも気にせず、画面を暗くしていて「贅沢だなあ」と感じたものです。

 

もちろん、ただ暗くしただけでは、本質的にレベルが上がるわけではありません。

しかし、一定の効果があるのは事実です。

 

画面を暗くすることで、

  • 合成等のアラを隠せる
  • 場面に良い雰囲気が出る(こともある)
  • よく見えないので、観客がかえって集中して目を凝らす

というメリットがあります。

 

言うまでもなく、これは邪道です。

立派な作品の作り方とは言えないかもしれません。

 

しかし、作品を完成させる以上、キレイ事や理想論を語っていても仕方ありません。

たとえ立派な作品でなくても、「それらしい作品」に仕上げないと、見てもらえない可能性が高くなります。

本質的な課題の改善は次回作を作るときに回し、すでに完成間近の作品については、観客を勘違いさせてでも、サマになっているように思わせる必要があります。

 

ただ、暗いシーンの撮影は難易度が上がります。

高い照明技術が必要になってきます。

私は、ここでも「邪道映画術」を駆使することをオススメします。

「画面を暗くする」ために、失敗の危険を冒して「暗い状態で撮影する」のではなく、失敗しない、「ノーマルな明るさ」で撮影して、編集時に暗く調整します。

 

昔のフィルムを使った映画は、画面の色や明るさは、撮影時に決定する必要がありました。

しかし、現代の、パソコンを使って作る映画のメリットの一つは、加工のしやすさです。

 

1本の作品を完成させた後、仕上げの状態を変えた別バージョンも、比較的簡単に作ることが出来ます。

2つを比較することで、どちらが効果的かを客観的に検証することが出来ます。

 

オリジナルの作品とは別に、試しに思い切って画面を暗く調整したバージョンも作ってみてはどうでしょうか?

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

無料メルマガ「DIY特撮入門」

アマチュア映像作家や、映像作りに興味がある方に、超低予算で本格的な映像作りを楽しむ方法を、実例を交えながらご紹介していきます。登録されたメールアドレスに毎週土曜、メールマガジンが配信されます。

メルマガ購読・解除

 

「まぐまぐのメルマガに登録すると、他のメルマガも送られてくるから解除が面倒だ」という場合は、サイドバーまたはページ下部のブログをメールで購読」にご登録ください。
メルマガ記事を後日、ブログ記事として公開する時に、自動で通知をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です