特撮事例:車の運転席

効果的な「運転シーン」

観客は驚くほど飽きっぽいので、視覚的にも出来るだけバリエーションを豊富にする必要があります。

映画は主に

  • 野外シーン
  • 室内シーン

を組み合わせて構成しますが、それ以外で、使い勝手が良いのが、

  • 車を運転しているシーン

です。

 

登場人物が2人、車に乗っているシーンを作ると、

  • シートの座っているので動きがなくても不自然に見えない
  • 長目の会話をしても不自然に見えない
  • 移動によって物語を進められる

という、メリットがあります。

さらに、特撮を応用して運転シーンを作ることで、時刻や天候にもあまり左右されず、撮影のスケジュールが組みやすくなります。

運転しながらの撮影は危険がいっぱい

車を運転するシーンと言うと、「運転しながらそのまま撮ればいいじゃないか」と思うかもしれませんが、これは極力避けるべきです。

 

通常のドラマなどでは、車を運転しているシーンは、走っているトラックの荷台の上で撮影したり、別の車で牽引しながら撮影するのが一般的です。

昔の「太陽にほえろ!」などのドラマの場合、カメラをボンネットに取り付けて無人で撮影し、役者が実際に運転しながら録音機のスイッチを入れて芝居をする、というような、無茶な撮影をしていたと言います。

それはそれで楽しい気もしますが、運転しながらの芝居は、思っている以上に危険です。

万が一の事故によって、せっかくの映画作りの楽しさを台無しにしないでください。

 

それに、無人カメラでは、実は思ったような映像は撮影できません。

特に、フロントガラス越しの2ショットは、ガラスに空が白く反射してしまって、撮影後に見直してみると、人物がほとんど見えなくなっている筈です。

危険を冒す上に、映像的に失敗するくらいなら、最初から停まった車でトリック撮影を使いましょう。

 

車は、エンジンを切って停車している状態で撮影します。

フロントガラス越しに撮影する際に注意する点は2点。

  • 空の映り込み(フロントガラスの反射)を抑える
  • 背景が写ることで、走っていないことがバレるかどうか

 

昼間のシーンの場合は、フロントガラスの反射はまず避けられません。

これを解決するには、日陰で撮影するしかありません。

ガレージや高架下など、フロントガラスに空が反射しない状態にして撮影します。

まずは、走っているように見える以前に、「登場人物が見える状態」で撮影することを優先します。

 

反射さえ抑えられれば、車内のシーンは、録音も比較的きれいに出来るので、芝居優先のシーンにも向いています。

 

横から撮影する場合は、カメラ側の窓を開けて撮影します。

この場合は、反対側の景色が丸見えで、車が走っていないことが分かってしまいますから、背景を合成する前提で、向こう側にグリーンバックシートを張ります。

範囲は狭いはずなので、手の空いているスタッフがシートを手で持って撮影してもいいでしょう。

合成用の背景を撮影しておく

走っている車のシーンのためには、走っている車から、背景映像を撮影しておく必要があります。

これは、広角レンズで

  • 後部シートから後ろに向かって
  • 左右の窓から左右それぞれの方向に向かって

という映像を、それぞれ1~2分間分ほど撮影しておきます。

 

もうひとつ、有効な映像素材として、「フロントガラスに映り込む映像」があります。

実際に走っている車を前から見ると、フロントガラスには空だけでなく、電線や歩道橋が写ったりします。

その映り込みを合成で加えることで、止まっている車の映像が、走っている映像に見えるわけです。

 

この撮影は、走っている車の助手席から、カメラを出来るだけ上に向けて行います。

電線や歩道橋の他、街路樹がトンネル状になった道路などの映像も有効です。

 

このような、合成用の背景映像は、

  • 季節ごと
  • 場所ごと

に撮影してストックしておくと、別作品でも流用できて便利です。

(DIY映画倶楽部では、ストック映像を共有できるようにします)

合成編集で走っている車のシーンに

撮影してきた映像の編集手順について、簡単に説明します。

撮影した映像を、まず、ドラマ優先で編集します。

次に、止まって見えるカットについて、別撮りの背景映像を合成することで、走っているように加工していきます。

 

○横からの映像

グリーンバックを使った、横からの映像は、シンプルに横から撮影した背景映像をクロマキー合成します。

 

○正面映像・背景が見切れてしまっている部分

正面から見た映像で、見切れている背景部分は、後部シートから後方に向かって撮影した背景映像を合成します。

その際の手順です。

 

  • 撮影した正面映像から1コマ静止画書き出しして、そのファイルをフォトショップで開く
  • 透明な「新規レイヤー」を追加して、「背景映像を合成したい部分」をグリーンで塗りつぶす
  • グリーンを塗ったレイヤーだけ有効にして、ファイルをPSD形式で保存
  • 映像編集ソフト上で、正面映像部分に、作成したPSD形式のファイルを被せて、「緑色を合成した動画」を一旦書き出す
  • 書き出し動画と背景映像をクロマキー合成する

 

これだけでも、ある程度、走っている車の感じは出せます。

映画「蘇える金狼」で松田優作がカウンタックを運転しているシーンは、同様のシンプルなクロマキー合成です。

ここでは、さらにリアルに見せるための、「フロントガラスへの映り込み」も追加します。

 

○正面映像・映り込み追加

フロントガラスに空の映像を合成するためにも、フロントガラス越しの映像から書き出した静止画を使って、中間ファイルを作る必要があります。

 

  • 撮影映像から1コマ静止画書き出しして、そのファイルをフォトショップで開く
  • 透明な新規レイヤーを追加して、フロントガラス以外の部分を緑で塗りつぶす
  • 緑色を塗ったレイヤーだけ有効にして、ファイルをPSD形式で保存
  • 映像編集ソフト上で、「空に向けて撮影した映像」に、作成したPSD形式のファイルを被せて、「緑色を合成した動画」を一旦書き出す
  • 「緑色を合成した空の映像」と、先に作っておいた正面映像をクロマキー合成する
  • 空の映像の透明度を調整して、フロントガラスにかすかにみえるくらいにする

 

より、リアルな映像にするためには、AfterEffectsというソフトを使って、合成済みの映像に自然な手ブレを加える手法もあります。

 

このように、「車を運転している」という身近なシーンも、工夫をすることで、ドラマ並みに見やすい映像を、より安全に低コストで形にできるのが、特撮の技術です。

 

参考になれば幸いです。

「こんな場面を作りたいが、どうすればいいか」という質問があればお寄せください。

DIY映画倶楽部のご案内

DIY映画倶楽部は、趣味で映画を作る同好会です。

オンラインでの情報交換やアイデア出し、映像共有、作業のサポートなどが主な活動です。

「気軽にショートムービーを作ってみたい」

「自分で作るのは無理だけど、DIY映画にちょっと関わってみたい」

「登場人物に名前を付けたい」

という方など、案内をご覧ください。

>>DIY映画倶楽部の紹介はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です