遺跡のミニチュアセット制作-06・表面仕上げ

2017年4月に予定している、「映画工房カルフのように」さんとのコラボ企画、「SFX特撮映画ワークショップ」のためのミニチュアセット制作の続き。

IMG_20170118_135015

切り出した発泡スチロールで、様々な遺跡のパーツを作ります。

IMG_20170118_135054

縮尺や遺跡の由来など、まちまちです。

IMG_20170118_135122 IMG_20170118_135146

遺跡群の原型。

IMG_20170118_135422

石窟寺院の1パターン。崖に彫られた柱と通路

IMG_20170119_114442

崖の不規則な凹凸を、ゴミを出さずに整形するため、熱で溶かします。(有毒ガスに注意)

半田ごての先にアルミホイルを巻き付けて、溶けたスチロールが半田ごてにくっ付かないようにします。

使用後、冷えてからアルミホイルを外して捨てれば手入れ不要です。

IMG_20170119_134753

ザックリと崖の面を整形したところ。

IMG_20170119_144922

石垣の部分も、スジを溶かして整形することで表現してみます。

IMG_20170120_144949

発泡スチロールの質感を打ち消すには、表面を何かでコートする必要があります。

塗装だけでは、発泡スチロール特有の粒の模様が隠せないからです。

今回は、値段も安いので、「しっくい」を使ってみました。

石膏に似ていますが、硬化の仕組みや速度が違うので、焦らずじっくり造形できます。

しっくいのはがれを防ぐため、小麦粉で作ったでんぷん糊を混ぜてみましたが、上手くいかず断念。

水で練ったしっくいに、水性の木工用ボンドを混ぜて、遺跡のミニチュア表面に塗っていきます。

IMG_20170121_131821 IMG_20170121_132711

表面をしっくいで覆って、石の質感を出した原型。

IMG_20170123_103415

水性のアクリルペンキで下塗り。

IMG_20170123_125009

さらに下塗りして白っぽくしたところ。

IMG_20170123_202104

このあと丸一日かけて仕上げの塗装。塗料は水性アクリル絵の具。

IMG_20170125_134059 IMG_20170125_134153 IMG_20170125_201751 IMG_20170125_201909

IMG_20170125_202003 IMG_20170125_202140 IMG_20170125_202334 IMG_20170125_202628

キリが無いので、一応、終了という事にして箱に詰めて片付けます。

IMG_20170125_211122

このモデルは、「SFX特撮映画ワークショップ」で使用しました。

主催者である「映画工房カルフのように」さんのメールマガジン「映画が作れるようになるメールマガジン」こちらから登録できます。

無料メルマガ「DIY特撮入門」

アマチュア映像作家や、映像作りに興味がある方に、超低予算で本格的な映像作りを楽しむ方法を、実例を交えながらご紹介していきます。

メルマガ購読・解除

 

「まぐまぐのメルマガに登録すると、他のメルマガも送られてくるから解除が面倒だ」という場合は、サイドバーまたはページ下部のブログをメールで購読」にご登録ください。
メルマガ記事を後日、ブログ記事として公開する時に、通知をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です