「安全」に「危険」を表現するのも特撮の役割

危険を冒すことは自慢になりません

映画の中、特にアクションシーンなど、いかに危険な撮影を敢行したか、という事が話題になったり賞賛されたりします。
確かに、俳優がトレーニングを積んで、危険な撮影に挑み、効果的な映像が出来上がることは魅力的です。

しかし、特に低予算の自主制作映画、DIY映画において、危険な撮影は何の自慢にもなりません。事故は関係者全員に迷惑をかけるだけでなく、同好の士の活動にも迷惑をかけることになりかねません。
一部の鉄道ファンの無思慮な行動が、多くの健全な鉄道ファンの評判も下げていることは、時々話題になります。あれと同じです。

特撮においては、「危険に見えるシーンをいかにバカバカしく撮影したか」を自慢するべきです。

ヒントは子供の頃の「ゴッコ遊び」です。それを視覚的に実現させるのが、特撮の醍醐味と言えるでしょう。
(「チーム・ウェンズデイ探検シリーズ」より、撮影映像と完成映像)

このサイト「MVG博物館」にも、多くの参考記事があります。是非、興味のわいたところからお読みください。

無料メルマガ「DIY特撮入門」

アマチュア映像作家や、映像作りに興味がある方に、超低予算で本格的な映像作りを楽しむ方法を、実例を交えながらご紹介していきます。

メルマガ購読・解除

 

「まぐまぐのメルマガに登録すると、他のメルマガも送られてくるから解除が面倒だ」という場合は、サイドバーまたはページ下部のブログをメールで購読」にご登録ください。
メルマガ記事を後日、ブログ記事として公開する時に、通知をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です