動画撮影の普及を妨げるものとは

関心が高い動画撮影講座

初心者向けビデオ撮影術のオンライン講座を公開しています。

 

史上、これほどまでに高画質のビデオ撮影が出来るカメラを、万人がポケットに入れている状況はないでしょう。

でも、ビデオ撮影自体は全然、普及していません。

どうしてでしょうか?

 

基本的には、カメラの性能アップに対して、基本的な撮影に関する情報が全く浸透していないために、

  1. 上手く撮れない
  2. 人に見せられない
  3. 撮らなくなる

という事もあると思います。

 

ビデオ撮影術のオンライン講座は、「見やすい映像の撮り方」に特化した具体的な内容になっています。

動画撮影はほとんど違法?

しかし、ネットで見る限り、この国では一般人のビデオ使用に対して絶望的な状況だなあ、という気がします。

何しろ、規制が多いのです。

 

もちろん、個人情報の保護は大切ですし、ビデオ撮影は色々な権利に関わったり、犯罪に利用されることもあります。
しかし、あまりに予防的観点からの規制が多すぎるのではないでしょうか?

 

公共の場所で行なわれている祭も、何の気なしに撮影していると、「許可は取ってるんですか?撮られたくない人もいるんですよ」と注意してくる人がいます。

100%反対はしませんが、公共の場所です。

人を集めるための催しに参加しておいて、撮られたくないって、ちょっとちぐはぐな気がします。

 

これが、テレビで使う映像だったりすると、恐らく「いえ、私たちは景色として撮影しているのであって、特定の個人を撮影しているわけではないですから」と応えます。

多分、裁判で争っても問題ない言い分なのでしょう。

 

私は個人で撮影してますから、無駄に争う気もなく、正義感タップリで注意してくる人には表面的には素直に従って、さっさと撮影を中止して帰ります。

 

運動会などの学校行事にしても、よく問題になります。
SNSなどに安易に投稿することについてです。

 

これは確かに問題だと思うんです。

インターネットで動画を簡単に投稿できる世の中というのは、これまで誰も経験してこなかったので、これがどういう悪影響をもたらすかは、未知数です。

 

しかし、規制したり教育すべきは「無頓着な投稿」に対してです。

その危険があるからと言って「撮影」を規制するのは変じゃありませんか?

 

もちろん、私は立場上、撮影そのものが規制されると喜ばしくないので、自分の主張に都合のいい解釈をしてるとは自覚してます。

しかし、「問題が起きないように予防する」という風潮が、どこかずれてると思ってしまうのです。

 

「包丁は人殺しの道具にもなるので、製造も販売も規制しましょう」とはならないですよね?

 

ともあれ、ビデオ撮影が元になったトラブルは防ぐ必要があります。

特にインターネットを使った公開には注意をして、画像に加工をするなり、工夫をしたほうが無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です