過去映像を流用して映画を作る

自主映画を量産したいなら有効な手法

2021年、新作第一弾は「虹色の霧」というショートムービーを企画し、製作に入っています。

これは、「升田式スーパープリヴィズ方式」での3作目になります。

 

「升田式スーパープリヴィズ方式」は、簡単に言うと、「全編」を「人物」と「背景映像」の合成による映像で構成して映画を作る手法です。

圧倒的なメリットとして、

  • 製作期間が短かい
  • 制作コストが少ない
  • 出演者未定のまま、70%まで完成させられる

ということがあります。

 

和製ロジャー・コーマンを目指す私としては、1作品を完成させるのに1年から数年掛かる「従来のやりかた」では、「作品を量産してそのラインナップを眺める楽しさ」は味わえないんです。

正直なところ、私は映画製作を「芸術活動」だと思っていません。

そのネタが、自分の中で旬だと感じられる間に完成させて、まず楽しみ、後から見るときは「この時期はこの要素に興味が強かったんだよなあ」とタイムカプセルを見る楽しみを感じる、そういう創作活動です。

 

過去に関わった仲間、特に出演者は、映像記録の中に自分が残っているので、気恥ずかしさを感じつつも、「いい記念になっている」と言ってくれています。

これが、映画づくりの最大の功績だと感じます。

撮影が少ない映画とは?

今回のショートムービー、原案は、何年も前に知り合いの作家さんから提供していただいたものです。

映像化に際して、アレンジを加えています。

 

この作品については、「この作品のための新規撮影をどこまで減らせるか」を裏のテーマにしています。

 

「升田式スーパープリヴィズ方式」の基本的な作り方は、udemy講座「グリーンバック映画入門」

https://www.udemy.com/course/greenback-movie/?referralCode=200B44517C4F2255DEED

で詳しく解説している通り、シナリオに合わせて背景の撮影を行います。

あるいは、「ここを舞台にして映画のシーンを作りたいなあ」という場所で、映画に使いやすいような背景映像を撮影しておき、それを使います。

 

それに対して、この「虹色の霧」では、新しい試みに挑戦しています。

それは、単に観光の一環で撮影した映像から、必要な映像・画像を切り出して使用することで、ショートムービーの背景にならないか、という実験です。

 

これが上手くいくと、「映画の量産」には、非常に有効な前例となります。

  • 撮影前の企画や準備
  • 撮影
  • 編集作業

のうち、最も計画通りに進みにくい「撮影」の部分の負担が、より少なくなるからです。

 

コツを意識して、仲間と共有すれば、それぞれが旅行先や近所で撮影した映像を、映画のシーンに活用できることになります。

「映画撮影」の概念が変わる、楽しいやり方かもしれません。

背景映像ストックのコツ

今回の「虹色の霧」の場合、メインになる舞台は「森の中」です。

森のシーンに使う背景映像は、数年前に観光というか、遠出の散歩中に撮影した映像で賄うことが出来ました。

 

ただ、思いの外、「使える部分」が少なかったのも事実です。

動画としてある程度の長さを撮影してあったので、十分な選択肢を確保できると思っていたのですが、実際には「工夫して何とか使った」という感じです。

 

ここで感じた、背景として使える映像の撮影のコツを、いくつか共有したいと思います。

 

まず、観光などで撮影する場合、当然、その映像自体が主役です。

その映像単体で、バランスの取れた構図になるように撮影してしまうんです。

 

もちろん、これも使える映像の一つではあります。

ただ、背景映像にしようとする場合は、「バランスの崩れた写真」の方が、使い勝手が良いんです。

 

例えば、「面白い形をした木の幹」があったとします。

森の中でそれを見つけると、それ自体を主人公として、バランスの良い構図で撮影してしまいます。

 

バランスの良い構図の映像は、人物を合成しない

  • 情景映像
  • 人物視点の映像

にしか使えない傾向があります。

 

人物を合成する背景映像としてその「木の幹」を活かすには、少なくとも木の幹は、画面の端になるように撮影しておいたほうが効果的です。

人物を合成しても、「面白い形をした木の幹」が見えるからです。

つまり、あえて、単体としてはバランスが悪い構図でも、何パターンか撮影しておくべき、ということです。

フィルム撮影の時代と違って、撮影の分量を多くしても、コストは1円も増えませんから、是非、実行してみてください。

 

それから、「出来るだけ違う種類の映像を用意する」という事も有効かと思います。

今回の例でいうと、撮影したのが秋の森なので、基本的にどちらを見渡しても景色が似ているんです。

しかし、背景としては

  • 明るい空が見えている
  • 空は一切見えず、影で暗い

というように、色々なバリエーションがあったほうが、同じ森の中だとしても、「別のシーン」としてメリハリを付けやすくなります。

 

今回、特に感じたのは、「わざわざその場所に行って撮影するほどでもない」というような、地味な、冴えない映像のほうが、背景としては重宝した、という事実です。

「地味で冴えない映像」を撮影する唯一のコツは、「これは使えない」と判断せず、「念のために撮っておく」ということだけです。

 

撮影する時には、「これくらい撮っておけば十分だろう」と思っても、いざ、映像を選ぼうとすると、「欲しい映像が無い」ということは良く経験します。

意識して、「念のために冴えない映像も撮っておこう」とすることが、最も有効なコツかもしれません。

 

参考になれば幸いです。

 

サイドバーまたはページ下部のブログをメールで購読」にご登録ください。
ブログ記事が公開されると、自動で通知をお届けします。

DIY映画倶楽部のご案内

DIY映画倶楽部は、趣味で映画を作る同好会です。

  • 入会無料
  • 特典・各種無料相談
  • 特典・教材の割引販売
  • 特典・会員料金での制作作業サポート
  • 特典・コンテンツの委託販売権

という形で、改めて会員募集をスタートします。

 

始めは会員個々の作品制作サポート中心になると思いますが、条件が合えば、会員同士でコラボ作品も量産する体制にしていきたいと思います。

個別にご案内しますので、お気軽にお申し込みください。

DIY映画倶楽部のお申し込みは下記フォームから

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

無料メルマガ「DIY特撮入門」

アマチュア映像作家や、映像作りに興味がある方に、超低予算で本格的な映像作りを楽しむ方法を、実例を交えながらご紹介していきます。登録されたメールアドレスに毎週土曜、メールマガジンが配信されます。

メルマガ購読・解除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です